綺麗な地球

地球から飛び立ったロケットが大冒険をする。そんなふうな、SF映画が好きな私。
今の映像技術はスゴいですから、まるでほんとに宇宙にいるかのようなリアルな空間の質感があったり、迫力があったりと大コーフンなんですが、ジミにいちばん好きなのは、地球が映る場面だったりします。
美しいじゃないですか、とっても。青く輝くような星として映ってるじゃないですか。映画の主人公たちもみんな、この青い輝きの中に帰ろう!ということで冒険をくぐり抜けていくわけですよね。

ただ、一方その地球では、産業の発達、社会の進化、いろんな要因のカゲで「環境保護」が叫ばれる事態になっています。
たとえば、土壌を大いにほじくり返す工事が行われるのも、社会の発達があるからですけれど、そこで弊害としてあるのは土壌汚染。または大量の、濁水の発生。
環境保護が叫ばれます。土壌汚染や濁水発生で、地球が泥まみれになっているのです。

ただ、工事を行う側だって血も涙もなくただただ土壌汚染をしているわけじゃない、濁水を発生させてるわけじゃないのです。
現在では、濁水処理の方法論を立ち上げ、研究をかさねて濁水処理用の機械を開発し、環境保護の取り組みに貢献しているのです。
なんとも、いい話ではありませんか……。

というわけで私、今回は地球にとどまりこの〔濁水処理〕というものにひとつ着目をばいたしまして、取り上げてみようと思います。
濁水処理による土壌汚染の解消……それによる、環境保護の取り組みについてのお話です。

OUT LINK

濁水処理するならこちらに依頼|きよみずくん